融資の担保を設定する登記

抵当権・根抵当権とは、貸金債権や事業用の継続融資を担保するため、債権者が設定するものです。

抵当権・根抵当権は、その設定順位が非常に重要となります。

よほど高額の不動産でない限り、下位の担保権者にまで配当が回らない可能性が高いからです。

最先順位を確保するためには、債務者等が不動産を取得すると同時に設定する必要があります。

【抵当権設定(又は債権額増額変更)登記】

【料金】  

40,000円(税別)

例:

債権額1,000万円の担保として土地建物に設定

→司法書士報酬(税込み)43,200円+登録免許税40,000円+登記事項証明書発行手数料1,000円

=84,200円