建物を新築したときの登記

建物を新築したときには、建物について所有権の保存登記をします。所有権の保存登記とは、まだ何も権利の登記をしていない建物について、はじめてなされる権利の登記です。 土地をすでにお持ちの方がその土地上に建物を新築したときは、建物について所有権保存登記を申請します。 新築の分譲マンションを購入したときは、建物について所有権保存登記、敷地権について所有権移転登記等を申請します。 建築資金やマンション購入資金をを銀行から借り入れる場合は、住宅ローンについての抵当権設定登記も同時に申請する必要があります。

【所有権保存登記】

【料金】  

24,000円(新築一戸建)(税別)

38,000円(新築敷地権付区分建物)(税別)

例:1,000万円の新築一戸建

→司法書士報酬(税込み)25,920円+住宅家屋証明発行手数料1,500円+登録免許税15,000円+登記事項証明書発行手数料500円

=42,920円